すずな調剤薬局 認定かかりつけ薬局
居宅介護事業所(第4645141179号)

電話する

LINE

お知らせ 薬局の活動

日本薬学会第143年会(札幌)2023.3.25-28

投稿日:2023-03-25 更新日:

poster_26P2-pm1-099淵村第143回年会0309

 

コロナ禍における地域連携薬局の役割
The role of regional cooperation pharmacy in COVID-19 pandemic
○淵村 佳奈、濱邉 恵梨奈、隈元 正太郎、上東 由美、楠元 俊英

・ すずな調剤薬局

 

すずな調剤薬局は地域連携薬局として基幹病院、在宅訪問クリニック、近隣の医療機関と積極的に連携することで中心静脈栄養を必要とする医療的ケア児、麻薬持続皮下注(PCAポンプ)を用いたがん末期患者に至るまで幅広く医療を提供し、約100件/月以上の訪問薬剤管理指導を行っている。

2021年12月24日に新型コロナウイルスの治療薬としてラゲブリオ(一般名 モルヌピラビル)が特例承認されてから、一般医薬品と同様の流通に至るまでラゲブリオ対応薬局として約150件の新型コロナウイルス陽性者の治療に携わった。

 

コロナ経口薬ラゲブリオは、特に高齢者、その中でも要支援、要介護を有する高齢者への治療が最も重要と考え、薬局から15キロ圏内の医療機関、主に在宅医療を行うクリニック、基幹病院の地域連携室等に対し、電話やFAX等で薬剤の処方について説明を行った。一方で薬局では在宅訪問時、日常の感染対策、24時間対応の体制構築を行った。そのなかでも薬局内で陽性者が出た場合の中心静脈栄養の輸液・医療材料の供給について基幹病院薬剤部との薬薬連携、在宅医療における在宅医、訪問看護ステーションスタッフとの多職種連携についても報告する。

 

当薬局のラゲブリオ対応薬局としての実績としてラゲブリオの投薬患者の9割を鹿児島県内の7か所の在宅医療クリニックから依頼を受け、投薬後のラゲブリオ服用患者は、服用初日を含め少なくとも患者5名(3%)が亡くなり、年齢層も80代の方が多くを占めた。

 

今回の経験から地域医療におけるすずな調剤薬局の地域連携薬局の重要な役割として今後も未知の感染症や災害等への対応、危機管理能力向上、地域の住民、医療機関への情報発信が責務であると考える。

 

第143回薬学会要旨

上のリンクでも発表要旨のPDFを見ることができます。

-お知らせ, 薬局の活動

関連記事

お知らせ

メサペイン錠の採用について

この度、メサペインの取り扱いを始めました。

地域連携薬局に認定されました。(鹿児島県26件/860件中)

<地域連携薬局> 入退院時の医療機関等との情報連携や,在宅医療等に地域の薬局と連携しながら一元的・継続的に対応できる薬局です。 外来受診時だけではなく,在宅医療への対応や入退院時を含め,他の医療提供施 …

イベント

第18回 日本在宅静脈経腸栄養研究会学術集会(東京)2022.10.8

在宅栄養療法を支えるための多職種 介入-腸管不全に対するチーム医療の工夫と課題〇武藤充 1、西田ななこ 1、長野綾香 1、杉田光士 郎 1、矢野圭輔 1、春松敏夫 1、大西峻 1、山田耕嗣 1、山田和 …

イベント

第38回日本臨床栄養代謝学会学術集会(神戸)2023.5.9-10

我々が実践する地域連携薬局としての取り組み-在宅短腸症候群患者に対する脂肪乳剤の供給を中心に   〇濱邉恵梨奈1、淵村佳奈1、隈元正太郎1、下山ひとみ1、楠元俊英1、武藤充2 1)すずな調剤 …

お知らせ

令和6年能登半島地震への薬剤師派遣

1月17日水曜日〜21日日曜日の期間、当社の薬剤師 楠元が被災地支援の為、薬局を不在にします。関係者各位には非常に御迷惑をお掛けします。非常時には各在宅担当者へ御連絡ください。

〒890-0042
鹿児島県鹿児島市薬師2丁目27-8
TEL:099-230-0205 / FAX:099-230-0207
6台

営業時間/月~金 9:00~18:00 土 9:00~13:00
定休日/日祝日・年末年始

※各種クレジットカード・電子マネー

在宅訪問の患者さまには銀行引去(鹿児島銀行、ゆうちょ銀行)に対応。