すずな調剤薬局 認定かかりつけ薬局
居宅介護事業所(第4645141179号)

電話する

LINE

お知らせ 薬局の活動

日本医療マネジメント学会 第20回九州・山口連合大会(鹿児島)2022.11.4-5

投稿日:2022-11-04 更新日:

地域の調剤薬局との連携による在宅での医療用麻薬管理の工夫

¹公益財団法人慈愛会 かごしまオハナクリニック

²すずな調剤薬局

 

〇西方マリ子¹、林 恒在¹、隈元正太郎²

 

【はじめに】当クリニックは外来および在宅・施設療養者のかかりつけ機能を担っている。特に在宅医療の需要は顕著で、癌による終末期の在宅療養者の多くで医療用麻薬による症状緩和を必要とするが、その使用事例の増加に伴って、在宅現場における安心安全な麻薬管理上の様々な課題が生じてきた。

【目的】在宅現場における医療用麻薬の安心安全なしようと麻薬管理の新たな方法を模索する。

【方法】医療介護スタッフ、在宅患者、家族が皆安心して薬剤使用できる手段として、在宅患者への調剤実績豊富な調剤薬局との共働による医療用麻薬管理を実施した。患者は右腸骨骨腫瘍多発転移の90代女性で、看取りまで在宅療養を希望。癌関連の難治性の下肢痛に対する経口による投薬が困難となったため皮下持続投与への変更時点で同調剤薬局に依頼した。薬局保有の投与量モニタリングや料変更の遠隔操作が可能なデジタルデバイス(クーデックエイミーPCA®)を用いて、調合・配達・設置・開始までの一連の過程を包括的に依頼した。また開始時の薬液流量設定や疼痛悪化時のレスキュー使用方法、残量・積算量確認方法等は、薬剤師にて家族・本人・訪問看護師・クリニックスタッフで共有した。

【考察】本事例での使用経験を通じて、在宅現場における医療用麻薬の使用、管理に精通した薬剤師、調剤薬局との綿密な連携によって、当院スタッフだけで従来行ってきた薬剤の使用量確認や追加変更、デバイス更新目的の訪問頻度、薬剤投与に関するエラーを減らせること、利用者本人、介護者の薬剤投与に関する不安の軽減など、様々な利点を実感できた。一方で、デジタルデバイス使用に不慣れなことによる不安を抱く可能性や、一連のサービスに関する費用、利用者が増加した場合の薬局の対応許容度など、解決すべき様々な課題も想定され、使用経験の検証を重ねながら在宅現場におけるより安全な医療用麻薬管理を模索していきたいと考える。

-お知らせ, 薬局の活動

関連記事

お知らせ

令和6年能登半島地震への薬剤師派遣

1月17日水曜日〜21日日曜日の期間、当社の薬剤師 楠元が被災地支援の為、薬局を不在にします。関係者各位には非常に御迷惑をお掛けします。非常時には各在宅担当者へ御連絡ください。

お知らせ

無料PCR検査等事業に関して

当薬局では、 PCR 検査は唾液で採集して検査。 結果は11時までに検体を準備できたら、当日夕方に結果が分かります。 抗原定性検査 鼻腔内を綿棒で採集して検査します。 結果は15-30分でわかります。 …

イベント

第18回 日本在宅静脈経腸栄養研究会学術集会(東京)2022.10.8

在宅栄養療法を支えるための多職種 介入-腸管不全に対するチーム医療の工夫と課題〇武藤充 1、西田ななこ 1、長野綾香 1、杉田光士 郎 1、矢野圭輔 1、春松敏夫 1、大西峻 1、山田耕嗣 1、山田和 …

イベント

日本薬学会第143年会(札幌)2023.3.25-28

poster_26P2-pm1-099淵村第143回年会0309   コロナ禍における地域連携薬局の役割 The role of regional cooperation pharmacy …

地域連携薬局に認定されました。(鹿児島県26件/860件中)

<地域連携薬局> 入退院時の医療機関等との情報連携や,在宅医療等に地域の薬局と連携しながら一元的・継続的に対応できる薬局です。 外来受診時だけではなく,在宅医療への対応や入退院時を含め,他の医療提供施 …

〒890-0042
鹿児島県鹿児島市薬師2丁目27-8
TEL:099-230-0205 / FAX:099-230-0207
6台

営業時間/月~金 9:00~18:00 土 9:00~13:00
定休日/日祝日・年末年始

※各種クレジットカード・電子マネー

在宅訪問の患者さまには銀行引去(鹿児島銀行、ゆうちょ銀行)に対応。